意外とトラブルになる「結婚式の費用負担」

結婚式には膨大な費用がかかります。
「結婚式の費用はご祝儀でまかなうことができる」という話もありますが、ご祝儀の額は開けてみるまでわかりません。

今回は意外とトラブルになる「結婚式の費用負担」について、費用負担のパターンをわけて、それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

 

「新郎新婦の二人で費用を負担する」場合のメリットとデメリット

「新郎新婦の二人で費用を負担する」場合のメリットとデメリット

新郎新婦の二人で費用を負担する場合のメリットは、誰にも負担をかけずに結婚式を行うことができるため、二人で自由に結婚式を考えることができることですね。

ですが結婚式に両家が関わってくると、それぞれの主張がぶつかり意外とトラブルになることが多いもの。「費用を二人で負担する」と決めてしまうことで、余計なしがらみや気遣いが必要なくなるでしょう。

ただ、結婚式の費用は膨大です。招待客数にもよりますが、すべての費用を合計すれば300万円程度は必要かもしれません。しがらみや気遣いなく自由に結婚式を考えることができても、お金の制約を受けてしまう可能性もあるでしょう。

また、費用を二人で負担するときには、結婚式に二人の所持金全額を投入してはいけません。新婚生活をスタートするためには、家財道具一式を購入する必要があるのです。家財装具一式は、100万円あっても足りないくらいです。

結婚式にお金をかけるよりも、むしろ新生活に予算を残しておくほうが賢明かもしれません。

「新郎新婦の二人で費用を負担する」場合のメリットは、「余計なしがらみなく自由な結婚式を考えることができること」と「親に負担をかけず式を挙げることができること」です。一方、デメリットは「新生活の予算が減ること」や「結婚式の予算が限られること」ではないでしょうか。

「両家の親が費用を負担する」場合のメリットとデメリット

「両家の親が費用を負担する」場合のメリットとデメリット

結婚式の費用を「両家の親が折半」にするときには、親の意向を聞いてからにしましょう。

結婚式の費用は膨大であるため、折半といっても100万円以上の出費になります。新郎新婦の二人が勝手に「折半」と決めてしまっては迷惑をかけることになります。また、折半にすると「新郎側」の親が不満に感じることも多いのです。

なぜならば、結婚式はどうしても新婦の方にお金がかかります。

男性のスーツよりも女性のウェディングドレスのほうが高く、着物を着る場合はさらに二人の費用差は膨らみます。両家の親に負担をお願いするときには、式にかかった全額を折半するのではなく、一定の金額を負担してもらい、残りは新郎新婦の二人が負担するようにした方がいいのかもしれません。

「両家の親が費用を負担する」場合のメリットは、新郎新婦の貯金を減らさなくて済むことです。一方、デメリットは「同額を負担することで、不公平に感じる可能性がある」ということでしょう。

「招待客の割合で負担額を決める」場合のメリットとデメリット

「招待客の割合で負担額を決める」場合のメリットとデメリット

一番合理的な方法が「招待客の割合で負担額を決める」という方法でしょう。

結婚式費用の中でも、一番比重が大きい項目が「招待客の食事代」です。招待客が多ければ多いほど費用は高くなります。招待客は、新郎と新婦が同じ人数になるように調整するものです。

しかし、人によっては招待客数に偏りが出てくることもあります。そうなると、招待客が多い方が得をして、少ない方が損をした気分になるでしょう。

とくに、招待客の割合で決めた負担額を親に出してもらうときには注意が必要です。親が費用を負担する場合は「費用が少なかったからよかった」というわけにはいきません。

招待客が少なければ少ないで「もっと親戚を呼びたかった」や「こちら側の人数が少なくて肩身が狭かった」など後々クレームがつくものです。「招待客の割合で負担額を決める」方法は、合理的な方法ではありますが、あまりにも差をつけてしまうと、後々トラブルになる可能性もある方法です。

「ご祝儀をあてにする」場合の注意

「ご祝儀をあてにする」場合の注意

結婚式費用は膨大ですが、全額が「持ち出し」になるわけではありません。結婚式はご祝儀があります。一般的にご祝儀の額は、披露宴で食べる自分の食事代に色を付ける程度の額になっているため、費用とご祝儀で差し引きゼロに近くなることが多いのではないでしょうか。

しかし「ご祝儀から結婚式費用を払おう」と思っている人は要注意です。

結婚式費用の清算は、結婚式終了直後に行います。そのため、事前に現金で費用を準備しておく必要があるのです。ご祝儀袋に入っている現金で支払うということになれば、式場の片隅でひたすら封筒を開ける作業をしなければなりません。

「ご祝儀をあてにする」場合は、事前に支払う現金を用意して「立て替えておく」ようにしましょう。

「結婚式の費用負担」まとめ

結婚式はおめでたいことのため、できればお金の話は気にせず行いたいものです。しかし、結婚式のお金でもめることは意外と多く、長く尾を引くことがあります。費用については、二人だけでなく両家の親も納得できる方法を探ることがポイントでしょう。