結婚を機に印鑑を作りなおす

結婚して苗字が変われば、印鑑を作りなおす必要があります。

今回は
・印鑑には色々な種類があるけど、一体いくつ所持していたらいいのか?
・実印・認印・銀行印はどのように使い分けたらいいの?

などを解説します。

高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM

 

結婚を機に印鑑を作る時 いくつ必要?

まず、どの印鑑が自分に必要かを考えましょう。

 

実印(じついん)

「印鑑登録」として市区町村に届け出るのが実印

実印は「印鑑登録」として市区町村に届け出る印鑑です。法律上や社会上の権利・義務などにおいて、法的な効力を持つもの。

例えば、自分の名義で家や車を買うなどのことがある場合、実印を用いることで、「私自身が、自分の意思で決定した」ということの証明となります。※印鑑証明

ただし女性の場合は、夫の実印があれば作る必要はないですし、不用意に実印を押すことで問題が生じることもあります。本当にどうしても必要でない限り、作らなければならない印鑑ではありません。

 

認印(みとめいん・にんいん)

書類や契約書などに押すのが認印

次に認印ですが、認印は書類や契約書などに押す印鑑です。もしくは、実印として登録していないハンコだと解釈していただくとわかりやすいでしょう。

例えば、公的な書類などで「印」と書かれている所に押すものが認印です。

認印として一般に流通しているものは三文判と言って、100円均一などで販売されているような安価で多く生産されているもの。

また、シャチハタと呼ばれるインクが付いている簡易印鑑も認印として、仕事で使用したり宅配便の受け取りなどで使用することがあると思います。

ただしシャチハタは、はゴム製で出来ており形が変化してしまう可能性があることから、実印としてはもちろん公的な書類(例えば市役所に出す書類など)には使用することができません。

認印は必要な印鑑ですが、オーダーメイドではなく、普通に流通しているものを購入しても差し支えありません。

高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM

 

銀行印(ぎんこういん)

銀行の口座開設に必要な銀行印

最後に銀行印ですが、銀行の口座開設に必要となる印鑑のことです。

普段はカードや通帳を使いATMでお金を下ろしているかと思いますが、大金を下ろす場合、通帳と口座開設で登録した銀行印を持って窓口にて手続きする必要があります。

防犯上の理由から、実印でも認印でもない、銀行印を持つことが望ましいでしょう。

————————————-

以上のことから、すぐに作った方が良い印鑑は銀行印のみということが言えます。

ちなみに私ごとになりますが、インターネットでお得セットということで実印・銀行印・認印のセットをオーダーメイドしました。が、認印はわざわざ作らなくても良かったかなと思っています。

 

結婚後 実印・認印・銀行印の使い分けは?

実印・認印・銀行印の使い分け

実印・認印・銀行印を作った場合の使い分けについてです。

  • 実印は印鑑登録をしたものであり、普段使うことはまずありません。ですから、大切に保管しておくと良いでしょう。
  • 次に認印ですが、こちらは持ち歩いている方も多く、いつ必要になっても使える印鑑と言えます。
    何にでもすぐ押してしまうようでしたら持ち歩きしない方が良いですが、何か手続きなどがあるときは必ず持っていくといい印鑑です。
  • 最後に銀行印ですが、こちらは口座開設と窓口での多額の現金を引き出す際などでしか使いません。こちらも実印同様、普段は大切に保管しておきましょう。

保管場所ですが防犯上、実印と銀行印は同じところに保管しないで、別々の場所が良いです。

 

まとめ

今回は結婚を機に印鑑を作る場合いくつ必要なのか?
また、それぞれ実印・認印・銀行印の使い分けについて解説してきました。

印鑑は3つまとめて作るのが理想ですが、すぐに作った方が良い印鑑は「銀行印」のみと覚えておいてくださいね。

結婚に際し必要なものが多く大変ですが、印鑑などはじめ、一つ一つ着実にクリアしていきましょう。

高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店INKANS.COM