結婚後のクレジットカードの名義変更

入籍してまず第一に起こりうる問題が「名義変更」ですよね。

名前が変わってしまったのですから、きちんと届出はしないといけませんが、働いている女性であったり、同居を始めたばかりで日々の生活に追われて中々時間がない、というのも事実です。

今回は、普段便利に使っているクレジットカードの名義変更について、詳しくお話しします。

 

クレジットカードの名義変更しないのはダメ?

答えは「YES」です。必ず名義変更してください。

結婚後のクレジットカードは必ず名義変更しましょう

会員規約などにも「氏名、住所、勤務先の変更があった場合は速やかにご連絡下さい」などと書かれています。

また、氏名の変更をしないで使用する事は不正となりますから、詐欺やカード番号の盗難による不正使用などに遭ってしまっても保障されません。

入籍後は転入届けや住所変更手続きなと色々なものがありますから、面倒くさがらずに他の手続きと一緒にクレジットカードの名義変更も済ましてしまう事が望ましいです。

クリーンな状態で新生活のスタートをきったほうが気持ち良いですしね。

 

クレジットカードを旧姓のままにするデメリットとは?

クレジットカードを旧姓のままにするデメリットととして、氏名の変更を届け出ない事がそもそも規約違反になりますから、カードの使用を止められたり、解約されても文句は言えません。

また、クレジットカードには有効期限がありますが、カード機能の変更などにより有効期限よりも早く新しいカードが発行される事があります。

この場合、氏名を変えていないことに気づかず署名欄に新しい苗字で署名してしまったら、不正使用となり使えなくなってしまう恐れも。

使えなくなったらカード会社に問い合わせしますよね?その際、氏名の変更をお願いするとカード会社から再発行料が発生することもあります。

なので、入籍後は出来るだけ早く名義変更しておきましょう。

 

まとめ

名義変更はwebサイトから変更も可能

名義変更など、クレジットカード会社のウェブサイトなどから変更することも可能です。

複数枚所持していると結構じゃまくさいものですが、逆にいえば現代だからこそネットで簡単に変更できるのが利点。

身近で使いやすく、ポイントも貯めたりと、賢く使えば得をするクレジットカードです。便利に使うためにも名義変更をきちんとして、不正利用にならないように気をつけましょう。